~わかりやすいことで定評のあるデータ分析屋ブログ~

monzblog

転職

電話勧誘してきた転職スカウトに会ってきた!

更新日:

 

電話勧誘してきた転職スカウトに私が会うまでの経緯を書きます。
もし、勧誘の電話がかかってきて悩んでいる方は是非まとめだけでも見て欲しいです!

スカウトされるに至るまで

勤務先の事務所にある日電話がかかってきました。その電話に出たのは私ではなく後輩だったのですが、電話の相手の方は要件は告げず、とりあえず私に要件があるとのことで電話を変わりました。その電話に出ると相手は聞いたことのない会社を名乗り、転職のヘッドハンティングです話を始めました。転職の意思がなくてもとりあえず1度お会いできませんかとコンタクトをとってきました。この時点で不信感マックスに感じていた私は相手の会社名を再度聞いて、連絡先を聞いてこちらから連絡すると電話を切りました。その後、インターネットでその会社名を何度も調べましたが該当するページがなく詐欺かなと放置していました。そのまた1週間後、再度その方から電話がありました。今度関西に行くのであって欲しいと言う内容でした。そこで、詐欺かもしれないと思いながらも、興味本位ではありましたが私は相手に会ってみることにしました。

mozn
急な電話だったけど実は2回目。
迷惑電話だけど、少しスカウトって嬉しいよね。やっぱり

転職スカウトに会う

約束の場所は、とある高級ホテルのロビーでした。約束の場所が比較的オープンな場所だったため私は会うことを決めましたが、個室や怪しげな場所であって言えば私は会う約束をしなかったと思います。時間は確か昼前の11時ごろでした。ロビーに早めに着いて携帯に遊んでいたところ、50代後半の男性に話しかけられました。これが電話をくれたスカウトの方でした。ちなみに会う前に携帯の番号を聞かれていましたが、まだ不信感を感じていた私は相手に連絡先を伝えていませんでした。この時代に番号も知らない初対面の人と本当に会えるのか半信半疑だったのですが、思ったよりすんなりと会えて少し安心しました。

mozn
いつでも逃げられる準備して行ってました笑

スカウトの正体

そこから、ロビーの喫茶店に入りその人と話すことにしました。席に着きドリンクの注文後、早速名刺を頂きました。すると、会社にかかってきた電話と貰った名刺の名前は異なっており、名刺には聞いたことのあるスカウト会社の社員さんであることがわかりました。どういうことかと話を聞くと、会社に電話する場合はトラブル防止のためスカウト会社であることは名乗らないとのことらしく、架空?の会社名を言うそうです。後々、その人のことを調べるとスカウト会社のホームページに書かれていたので社員さんであることは確かなようです。つまり、本当に転職のスカウトの方だったということです。

mozn
やっぱり会社をぐぐっても出ないわけだ。

こちらの情報をどうやって入手したか?

スカウトさんに「私の情報をどうやって入手したか?」というのを聞いてみました。その昔、業種別の展示会イベントがあった際にその会社の人と名刺を交換していたようです。展示会って名刺を渡すとプレゼントが貰えることとかあり、そのたぐいかなと思います。それから、何年かたって会社HPに載っている私を見て特定して電話をくれたとのことです。スカウトさん曰く、会社のHPに載る人は会社の顔なので変な人はあまりおらずハズレの確率が低いから選んだとのことです。

mozn
展示会のことなんてすっかり忘れてましたが、
いつか種が育つとはこういうことなんだね。

スカウトの案件

そして、本題のどこからスカウトが来たのか?ということです。電話では教えてくれなかったのですが、会って割とすぐに教えてもらうことが出来ました。

具体名は言えませんが、超有名大手企業からのスカウト!

正直、聞いたときはおどろきと戸惑いしかありませんでした。就職活動のときにエントリーシートすら通らなかった企業で正直行きたかったところです。年収も今より格段に上がる転職案件でした。受けてみようかなと思いつつも、同期がその企業の入社し実際に体験して黒い噂を思い出したり、勤務地や家族のことを考え、一旦冷静になろうと必死でした。

mozn
正直しょぼいスカウトと思っていたので、かなりビックリしました。

面談の結果

案件を聞いた後、現在の自社のディスりと転職先の輝かしい世界を30分ほど語られました。そこからは、少し個人情報は聞かれましたが、スカウト案件についてはその場での回答は求められず、興味があったら連絡下さいと言われました。もう少し強引な勧誘なのかなと思っていたので、拍子抜けでした。その後も連絡もなく、メールしますと言われましたが一通も来ていません。案件の返事も期限も特にいつまでも言われなかったので、逆に悩まされることになりました。

mozn
正直、今でもまだ迷っています。

印象

特に強引な印象もなく、案件内容も充実していてスカウト自体は不満はなかったです。ただ、現在の自社のディスるのはどうかなと思います。「お宅の会社○○でしょ~」とか何度も言われましたが、内容は確かでもスカウトさん自体の評価を下がってしました。さらに転職先のメリットばかりを並べていると、それは逆に不審すぎるだろってのも思いました。デメリットは?と質問しましたが、これに関する回答はいまいちでした。あと、全体的に話が長かったです。私の性格上、端的に答えてほしいのですが、余談が多すぎて少しイライラしていました。

mozn
案件内容はいいけど、スカウト方法がいまいちってとこです。

まとめ

・怪しいスカウトでも、十分に気をつければ話を聞く価値は十分にある!!

・わざわざ会いに来てくれるコストを払ってくれるスカウトであれば案件内容も大手企業の可能性大!!

・スカウトされたい方は、展示会で名刺配り・会社HPに載るなどの地道な活動がいつか役立つ!!

 

ぜひ参考にしてください!!

 

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
monz

monz

<経歴>
塾講師6年➡︎大手IT企業2年➡︎
製造業2年➡︎自動車業界1年目
<特徴>
車嫌いな自動車業界人
<発信テーマ>
車業界/子育て/副業

-転職

Copyright© monzblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.