~わかりやすいことで定評のあるデータ分析屋ブログ~

monzblog

購入品レビュー 生活

おススメの万年筆

更新日:

どうもmonzです。

万年筆の選び方の記事を前回書いたが、実際にお勧めの2つの万年筆を紹介します。

ペリカン スーベレーン M400

王道の万年筆。私も愛用している万年筆。

サイズもいろいろあるけどM400あたりが一番しっくりくる。

手帳にも装着してもいいサイズで、胸ポケットにも収まるサイズだ。

ところどころの金の装飾が高級感を醸し出している。

一目でいい万年筆を使っているとわかる。

会社の取引先の前で使用したことが何度もあるが、結構な確率で「いいですねー」などのお褒めの感想を頂いた。万年筆を持ちたいと思っている人に取って、これは一番の決め手じゃないかなと個人的には思っている。

サイズはM400を推すとして、色の方は緑縞・青縞・赤縞・黒縞がある。

おススメは一番定番の緑だ。金の装飾に対して緑色が一番あうのだ。

金の装飾が引き立つ。

緑縞のスーベレーンは少しカジュアルな一面もあると思っている。

だからといってビジネスでも使える真面目さの一面も持っているので、あらゆるシーンで使える。

あと関係ない話だが、買うならネットの方がかなりお得だ。

5000~10000円くらいやすかった時もあった。

プラチナ #3776 センチュリー

国産のメーカープラチナ万年筆の一押しの万年筆だ。この3776は富士山の高さを表しているらしく、日本産という部分を誇りに思っている象徴かなと思っている。

日本人の万年筆選びにおける、国産のメリットは大きい。特に細字だ。

細字だとスケジュール帳などの小さな部分でも使用しやすく、さらに細字はインクの量も少ないので速乾性があり、ビジネスの使用において使い勝手がいい。

あとは個人的な感想だが、国産だからなのか漢字を書きやすかった。

しかも、デザインもシンプルでいい。ペン先の金属部分と同じ金属でクリップなどの装飾がされており、それ以外はシンプル。そのシンプルさが逆に高級感を出している。

高級感と使い勝手を両立できる万年筆を考えると、この万年筆にたどり着いた。

色や金属の組み合わせはいろいろあるが、好きなのを選んでほしい。

個人的にはシャトルブルー・ブルゴーニョあたりが好きだ。

これもペリカン同様ネットで買った方が、お得なのでおススメだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
monz

monz

1から何かを立ち上げるのが得意なエンジニア
本業/エンジニア 副業/ブログ・動画配信
2人の娘を育てるイクメン
発信テーマは 立ち上げ/子育て/エンジニア/ガジェット/副業

-購入品レビュー, 生活

Copyright© monzblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.