レビュー

SESAMI3を購入してみた![レビュー]

SESAMI3ってなに?

SESAMI3とは、CANDY HOUSEから発売しているスマートロックのガジェットです。

一つ5800円で、これ一つで家の玄関がスマートフォン一つで開閉できるようになります。発売日は2021年の1月末から発送開始です。
そんなガジェットを今回購入してみたので早速レビューしていきたいと思います。

CANDY HOUSE:https://jp.candyhouse.co/

 

開封

先日、届いたのこの箱!ヤマト郵便の袋に入ったこんな小さい箱2つです。
ちなみに左の箱がSESAMI3で右の箱がwifiモジュールです。シンプルな梱包で洗練された感じがあり、個人的には非常に好きです。

開けるとこんな感じ

・本体
・取付シール
・取り付け用ドライバ
・土台(本体の下にある)
・土台用ネジ
・取り付けシールを隠すためのシール
・NFCシール
・説明書

これだけあれば、とりあえず付けられるセットが揃っています。

 

取り付け

早速、とりつけて行きます。取り付ける鍵のサイズ感を見ながら、幅・高さ・土台の調整を行います。
取り付け箇所によっては、土台は必要ないかもしれませんが私が取り付ける箇所には必要でした。
取り付けはすべて付属のドライバーで行えるので他の工具は必要ありませんでした。




調整が終わったので実際に玄関に取り付けてみました。黒を選んだのですが、黒い玄関にはいい感じにマッチします。
大きさも従来の鍵の一回り大きいサイズの感じで、違和感はありませんでした。

何回か行ったり来たりで最終的には30分くらいで取り付けが完了しました。
そこからwifiアダプタやスマートフォンの設定で15分くらいかけて、ようやく使用できるようになりました。

 

使用感

初めての使用感は、鍵がスマートフォンで開くようになった!!という感動でいっぱいです。
特に遅延等もなく、スマートフォンを押せば開くという感じです。外からもwifi経由で開けることもスムーズに行なえます。

まずはこの時点で使用感は満点です!!!

個人的に一番使いたかった機能が「オートロック機能」!
妻が家に帰ったのに鍵を締め忘れることがたまにあったので、この機能が一番欲しかった。
オートロックはアプリで簡単に設定できます。ただ、設定した秒数と実際に閉まる秒数が微妙に違う気がします。
3秒設定したのに6秒くらいかかるイメージ。設定した秒数+数秒になってました。まぁ、その分考慮すればいいだけですが。

あとは、これを何秒に設定すべきかが非常になやみどころです。
ホテルのドアみたいにドアがしまった状態で鍵の開閉が開始するわけではないので、短すぎるとドアを締める前に鍵が締まります。
長すぎると防犯的に、うーんという感じもするので悩みどころです。とりあえず10秒くらいに設定しました。
将来的にはドアがしまった状態かどうか判別できる機能がいつか付けばいいなぁと思います。

次に欲しかった機能は「外出先から鍵の開閉の状態がわかる機能」。
これがあれば家から出たあと鍵かけたか心配になって戻ることはなさそうです。一ヶ月に1回くらいこういうシーンがあるので非常に助かります。

また、apple watchからの開閉をメインで使いたいのでが、apple watchからの鍵を操作出来る画面までの遷移は結構時間がかかる。
体感だけど7~8秒くらいかかります。なので鍵を探したほうが早いんじゃないかと思うこともあります。改善方法があるかもしれませんが、この点だけが唯一の不満です。

 

まとめ

・使用感はほぼ文句なし!スマートロックの最高峰といっていいと思う!

・wifiアダプタ含め、8000円程度でコスパ良すぎる。

 

最後に、もっといろいろ試すことはこの記事に追記していこうと思います。
また、同時発売のSESAMI botやSESAM サイクルも購入しているので届き次第レビュー予定!!

 

-レビュー

© 2021 monzblog Powered by AFFINGER5